ゲームマーケット前日、恒例となっている中村誠さん主催のイエサブ前日会におじゃましました。
祭典を翌日に控え、半数が出展者ということでテンションもやや高いなかで新作をプレイしまくるという夢の企画。
時間が止まればいいのにと思いましたわ。

Quadra(吉々庵)

とにかくこれが遊びたかったので、到着するやQuadraを探してさっそく遊ばせてもらいました。
カードを配置することで、2手ずつ動いて戦えるチェスのようなゲーム。
次に選べるカードも公開されているので、限定のよみ合いが楽しい。
運と思考がほどよいブレンドでした。しかも勝ったし。

ひらがなセンテンス(YACO PRODUCTS)

テーマが決められ、ひらがなを一文字ずつマスに埋めていき、なにかしらの文を作ってプレゼンするゲーム
むりやりひねり出すと何かしら言葉が生まれるふしぎなゲームでした。何人でやっても楽しい。
小ぶりで手触りの良いカードがきれいだったなぁ。

俺の街(Wisteria〜ウィステリア〜)

同種カードを建築してお金を集めるゲーム。
左右のプレイヤーの状況で建築時の収入が変わるのでなかなか悩ましい。

キッキの魔法宅配便(ラブリー会創作ボードゲーム研究室)
わけあって写真を割愛。ギリギリアウトないろいろやば楽しいやつです。
今回はどうしても遊びたいのが2つあって、Quadraとこれでした。満足です。

ほうきギターズ(アルハラシステムズ

数字のふられた楽器を取り、それを逆側に並べてVPを稼ぐゲーム。
並べるにはどこかと隣接しなくてはいけない。ポイント稼ぎつつ他人を邪魔しつつ。
うまいこと考えられてるゲームでした。

神九

10色から3色ずつ選ばれ、毎ラウンド強さがコロコロ変わるトリテ。
サクサクおもろい。

スゲマンガ

これは遊んでないんだけど、チラシ置き場にあったのでもらってきた。
4コマ漫画のお絵かきゲーム。

製作者が半数を占めるゲーム会って、絶対面白いわ。
テスト会に一度お邪魔しましたが、通常回初参加。
お子さんの参加が多いと聞いていたので、うちの子も連れて行きました。

よくばりハムスター

持ち込んだゲームを早速プレイ。子どもの強引さは素晴らしい。
数字をまとめて得点化するゲームです。取る、出す、ひっくり返して得点化の3アクションから2アクションをやる。
サクサク進むけど、終盤にいらない山だらけで悩む悩む。
慣れたらもっと前から計算してとれるんだろうなぁ。このゲームはちょいちょいやっていきたい。

海底探検

5人プレイ。ダイスですすんで潜るけどお宝担いで帰るときには空気も減るし進めないしでさあ大変なゲーム。
うちの子はものすごい浅瀬で切り返し、どんどん空気を減らすプレイをやるので、なかなか潜れないのです。
そして犠牲者多数。

ランページ

アクションゲーム。怪獣を操って、自動車投げたり息を吹きかけたりしてビルぶっ壊し、落ちてきた人を食うゲーム。
怪獣同士の殴り合いもある。2セット合体のスペシャルバージョンで遊びました。アホだったなぁ。

ポケット&ビスケット

自作。ゲームマーケット前に製品版で遊んでもらいました。
なかなか好評。売るでー。

マンモス
写真忘れ。ちと説明がややこしいけど軽めのブラフゲーム。
ブラフは子どもが大好きでねぇ。これは買ってよかった。

どうぶつサッカー

どうぶつしょうぎの発展形みたいなゲーム。動物コマを動かし、ボールに重なればコマに書いてあるボールマークの方向へ2マス飛ばせる。そこに味方がいれば連鎖して飛ばせるので一気に得点も可能だ。
ゴール前からでも2マス蹴り返せるので、詰められていく感覚が軽く、連鎖配置が面白いのでこっちのほうが好きかな。

宝石ハンター

ダイスを振って出た目がお題。
タイルのうらにある窪みを指の感覚だけで数えてお題とそろえるゲーム。
早取りなので焦ってしまうと、数え間違うこと多数。もりあがったなぁ。

タンブリングダイス

ダイスを転がし、止まった場所とダイスの目をかけて得点するゲーム。
ダイス4つ持って最終的な配置で得点計算なので、他人を弾き飛ばしてもいいし、自分のを押し込んでもいい。
そして他人を弾き飛ばすつもりが高得点をプレゼントしてしまったりするわけです。

タイムボム
写真忘れ。正体隠匿爆弾解除ゲーム。大人4人子ども2人で勝負。
ケーブル切る時ドキドキするのよねぇ。
2回やって2回とも爆発ケーブルを切りテロリストの勝利。

金庫破りのジギ

カードは1〜52のユニーク。ダイスには4色の目が1つずつと袋が2つ。
4色の金庫の前に1枚ずつカードがオープンされ、のこりは山札に。
手番になったらダイスを振り、ダイスの目の色のカードより山札の上のカードが上か下か宣言してめくるだけ。
ふくろの目はどの色でもいい。
宣言が当たれば手元におけるけど、手番にダイスを振らずにカードを裏返すまでは確定ではない。
もちろん、確定してないカードは、外せばすべてその金庫に収められ、次の人が総取りである。
単純明快なギャンブル系ですな。面白い。

トレインズ

先日の平日会でトレインズやりましょうという話をしてたら早くも実現。
デッキ構築エリアマジョリティの傑作。同人で発表されたけど海外では製品化されている。
日本語の製品版出てもおかしくない傑作です。

金庫破り〜とトレインズは、大人だけで遊びました。
子どもだけで卓が立つすごいゲーム会だった。着実に次世代は育成されています。
日本のゲーム会は安泰だなぁ。
袋小路さんのライトゲーム会に遊びに行ってきました。
さくっと終わるカード系が中心のゲーム会です。
まぁ、いろんな昔のゲームとかがあるのが袋小路さんなので、いろいろ勉強にもなっちゃったりするのです。

カフェインターナショナルカードゲーム

角を合わせた5枚の国旗が描かれた座席カード。上下左右に、その国の人物を置いていきます。
男性だけ女性だけの席は作れないというルール。
同じ国の人で埋まると高得点など、かなりボードっぽい感覚で遊べます。
というか、元はゲーム大賞も取ってるボードゲーム。
これはいいなぁ。

グローブトロッター

カードを連鎖させて駒を進めるすごろく的なゲーム。
持ってるけど大人数でやったのは初めてで勘所つかめず。
2戦目でやっとわかりかけました。
連鎖するとすげえ気持ちいい。

ホットドッグ

ホットドックを上手いことテーブルに運んで売り抜けるゲーム。
買ってもらうために金をぶっ込んでもいいというルール。ひどい。
ひどいゲームって楽しいのはなんでだろう。

大相撲八百長札
写真忘れ。稽古もするけど星も買い取り、買い取りの上位になると稽古値が倍増するというひどいゲーム。
ひどいゲームって楽しいのはなんでだろう2。

オーバー&アウト

お題カードの数字を超えないように手札を出して足していく。
シンプル。

ふぃぶふぁぶ

手札を回しせり上げないといけないゲーム。
せり上がらなくても宣言はせり上げ。あとは口八丁手八丁。
NGOさんからリメイクされる前につくられたものだそうです。

ヌルボック

牡鹿と牝鹿を出し合って高得点を狙うゲーム。
不公平なナンパです。もやもやします。

ライトゲーム会ということで、ライトゲーマーには気楽に行ける会でした。
企画系ゲーム会もいいなぁ。
横浜にて。5人中4人が初挑戦というテラミスティカ会がひらかれました。
題して「ヌルミスティカ会」
いいねぇ。こういうので集まれる仲間っていいよねぇ。


たまたまとれた会場が、横浜のイギリス館。昭和12(1937)年に英国総領事公邸として建てられました。
そこの客間が会議室として開放されており、そこでゲームしたわけです。
シャンデリアあって暖炉あるからね。テーブルも、重い木の本格派。
だってトイレに立ったら館内を見学している観光客とすれ違うからね。意味わからないよね。


ということでテラミスティカ。
個人ボードをもって、種族間の陣取り合戦によるVPあらそいです。
個人ボード上のリソースの絵の上にコマが置かれていて、コマをメインボードに建てることによりリソースが顔を出して機能する。
コマをアップグレードすると、前のコマはボードに戻ってリソースにフタをしてしまうというシステム。
他人の土地を開墾して自分の土地にしないと建てられないのだけど、苦手な土地は開梱に多めにリソース食うようになってたり、開墾が得意な種族がいたり。
けっこうキツイかなと思ったけど、ターンボーナスがあったりVP稼ぐ方法は種族によってもいろいろあるので最後まで楽しめました。
他人と隣接して建てると、他人にボーナスが行く代わりにコストが低く建てられる建物があるんだけど、つい初期配置で孤立したとこに陣取っちゃって、建てるコストが高くて序盤のびなかったのが辛かった。

セッティングからインストまでで1時間半。プレイに5時間。満足です。大満足です。ようやく自分もこういうゲームが遊べるようになりました。
個人のゲームスキルというか耐性の部分もそうだし、いっしょに遊べる仲間がいないとできないのよね。
初開催の平日会におじゃましてきました。
2時間ちょいでも楽しい。ゲームはいいなぁ。
道に迷ってなければもうちょい遊べたのは内緒だ。

世界の七不思議 7 Wonders

初プレイ。やってみたかったのよねこれ。
インストお願いしまして、楽しくて2回やっちゃった。
ドラフトで手に入れたカードと個人ボードを組み合わせて勝利点を稼ぎます。
ドラフトな上に両サイドにお金払えばその人の資源も借用できる、とことん左右の環境を使い倒す仕様。
隣に使わせたくないカードはボードのスロットに入れることで、そのスロットの効果発動。
けっこう複雑かとおもいきや、一回やったらほぼ理解できて、かつどうすればよかったかが見える。
リプレイしたくなるいいゲームでした。

インカの黄金

おなじみチキンレース。
我慢して深くまで潜るといろいろ高得点になるかもしれないけど、全部ダメになることもある。
時間がちょっと余ったので、参加者全員でやりました。
5ラウンドやるはずが、3ラウンドくらい何もせずにすぐ終わるという謎の状況に。
おかげで時間ちょうどくらいに終わりました。

初めての会で不安でしたが、半分くらい顔見知りで、とても楽しかった。
いろんなとこに顔出してると、知り合いが増えてきてさらにゲームが楽しくなる。
よきかな、よきかな。