なんでこんなに楽しいのかよ。ゲームという名の宝物。

 

ということで、ゲーム会。

 

ジョハリ

ジョセフとハリーの窓ではない。

全員同じアクションカードを持つ。伏せて開けるを3回やって1ラウンド終了。

全てのアクションにはコストがかかるが、3回やるうち後のほうがコストが安い。

宝石をまんべんなく買ったり売ったりして得点を稼ぐ。

手番順がお金持ってる順なのだが、宝石買うにはお金が必要。

後番だと空打ちすることもあり、すげえなやましい。

俺は初回苦手なパターンのゲーム。しゃがみすぎて空打ち連発しボロ負けした。

何度かやって上手くなりたい。

 

クワイトビル

エレファントのリメイクだそうです。シャハト。
場には3色の大きさの違う建物と、特定の建物を破壊するモンスターなど。
カネを払うと建物が建てられる。破壊すると金が入る。金の上限は2。ひどい。
ラウンド終了時までなんとか建物を維持し、4種ある得点方法の一つを選ぶ。
2ラウンド以降は残った得点方法を選んでいき、4ラウンド終了で特典の多い人の勝ち。
可愛い絵なのにカツカツである。手軽で面白い。

 

クランズ オブ カレドニア

牛や羊などのユニットを出し、ユニットにも金払って土地にも金払って配置する。

ラウンド終了時に資源になるので、それを変換したり売ったりして金を稼ぎ、またユニットを配置していく。

売買や水上移動や資金集めをグレードアップしたりして、ラウンド終了時に得点を稼ぎ、特定の資源を払ってクリアするお題を集めたりしても得点を稼ぎ5ラウンドを闘う。

先日買ったのでルール読んでたからか、重いのにすげえ楽しかった。

陣取りがそれほどガチガチじゃなくてお題タイルの出てくる運要素もあり、それほど辛くなかったのが良かったのかも。

3ラウンドで時間切れだったので、どこから最後まで遊びたい。

ソロルールもあるので練習しとこう。

平日会という贅沢な。

 

CAN'T STOP EXPRESS

名作キャントストップの紙ペンバージョン。

5つダイスを振り、各自頭のなかで2つのペアと余り1つにわける。

ペアの合計2箇所にチェック、余りも専用欄にチェック。

あまりの欄は3つしかないので、そこが埋まるともうそこの数字をあまりに入れる縛りが発生する。

各列も4つまでは-200点、5つ目で0点になり、そこからやっと出る確率によって得点が入る。

お手軽で楽しい。

 

ノーリア

本日のメインディッシュでございます。

大きさの違う3つのリングに埋まったアクションアイコンを各列一つずつ、横切らない範囲で起動する。

一番小さい中央のは180度回転。二番目が90度で大きいのが60度。

手番終了時に1メモリずつ回転させるので、先読みで配置が必要。リソース払えば追加回転や入れ替えもできるけど。次に何を組み合わせられるのか、見えてるのに把握できない難しさ。

ゲームとしては、空島を飛び回り拡大再生産して遊ぶ安定の感じです。

収入を拡大するための工場などは、ランダムで用意される空島に依存するんだけど、最初に狙って貯めてたリソースを使う工場が出てこず苦戦した。

 

最後にテストプレイ一つして修了。お気楽トリテがほぼ完成しました。

ありがとうございました。

月別に気になったゲームを書き出し、そこから年間大賞を発表します。
俺による俺のための賞。

 

【1月】ファイナルタッチ


みんなでお題のカードに書かれた色のカードを出していき、最後の1枚を出したら得点もらえるというゲーム。

わかりやすい縛りと邪魔しあいの感じがとてもよい。

 

【2月】オクラコーク


買ってないけどな。自作ゲームが製品化されたので。人生ちょっと変わったよ。

 

【3月】フューズ/ブルゴーニュカードゲーム/スターレルムズ

フューズは結構遊んだなぁ。タイマーかけて時間内にクリアを目指すから、時間がわかるのがいいのよね。

ブルゴーニュカードゲームはカードの使い回し方がすげえ勉強になるのよ。

スターレルムズはアプリでやってたんだけど我慢できずに購入。効果英語で書いてあるのに、小6の子供も気にせず遊んでる。


【4月】ラストスパイク


金使って線路敷いて、土地の権利書買って線路つないだら配当もらえる。

シンプル。シンプルがいい。

 

ニコニコ超会議


お誘いいただいて超会議に参加してみた。

おにぎりさん初だし。すげえ気に入ってくれたグループがいて、なんども遊んでくれて嬉しかった。

 

【5月】テラフォーミングマーズ


こんなにテーマに噛み合った楽しいゲームあっただろうかと。まさにマーズをテラフォーミング。

すげえ好き。自分で回す自信ないので買ってないけど。

 

ゲームマーケット


販売と試遊の卓の飾りを、安価に確定させるためいろいろ考えた。

目立つのは和柄。どんなゲームにも会うモノクロ系。カードの取りやすさとか気にしない安い布に、100均のフェルトを斜めにのせただけ。おにぎりさんののりに見立てたんだけど、その後もそのまま使ってる。

あと、高さ80センチのポップスタンドを二つ買って、ゲームの宣伝を2枚ずつ作って販売卓と試遊卓に置いた。見えるとこにおいておけば説明読んでくれる人いるんで。あと、販売卓から試遊卓とその逆も、お客さんを誘導する時に同じポップあるとこですって説明しやすいのよ。

 

【6月】ツンダール/アンコール/クマ牧場

遊ばせてもらって速攻買った。

ツンダールはデジタルゲームも作ってるグランディングさんならではって感じだ。

アンコールはメビウスさんに在庫状況確認してまで買いに行ったわ。

クマ牧場は定番化しそうな安定感が良かった。


【7月】エルガウチョ

ダイスピックしていろいろやるゲーム気になって、買ったんだけど遊べてなかったやつ。

自分のは未稼働。


【8月】おかしな遺言/ビトゥイーントゥシティズ/命中!


所持金を使い切ったやつの勝ちという、まさにおかしな遺言。

タイルドラフトで町を作るB2Cは多人数同時プレイなのでよい。

命中!は、得点を削ってカードを買い、役を作って得点し、さらにトリックテイクで得点する。かみあってんだこれが。

 

【9月】サグラダ


見た目もルールも美しい。しかもプールからダイスをピックするゲーム。

これを元にゲーム1個思いついた。好きあらば買おうと思っている。

 

【10月】ニムト赤箱/オルレアン/ダイスエイジ/クアドロポリス


コントロールが効きそうな、炎上にならべるニムト。

もう言っちゃうけど今年一番のお気に入りオルレアン。

安定感のあるダイスゲーム、ダイスエイジ。

程よい重さの街つくりタイル配置クアドロポリス。

 

【11月】アニマーレタッティカ


ゲムマ前にテストプレイさせてもらってぶっとんだ。大富豪のいいとこ凝縮した傑作。

 

【12月】トリックと怪人/メモアール/ガンジスの藩王

トリックと怪人は、10枚のカードを2枚ずつ配り、1枚ずつ順に出し、そのなかから最大値の犯人を当てるゲーム。3色に分けられていて、色だけは申告する。そこに、各カードどの特殊能力が絡み合い、1枚ずつだされるもんだから思惑の読み合いも発生してとても面白い。俺ゲムマ2017秋大賞。

メモアールは、前の人がめくったものと背景か動物をあわせていく記憶ゲーム。場所を変えずに何度もやるのに、めくる順番が変わると覚えてないんだよなぁ。うますぎる。

ガンジスと藩王は今の俺の能力にベストマッチな重さのワーカープレイスメントでございました。ダイスがリソースだと運が大きいのでなんとかできそうで楽しい。

 

さて、12月までざっと書いたところで、年間大賞ですが。

さっき書いちゃったけど、2017年に俺が買ったゲーム大賞は「オルレアン」です。

バックビルドから引かれるチップとそれを組み合わせるプロットで、唸ったりうまく行ったり。

前半で能力を調整し、後半でマップのルートを攻めまくる、レースのような面白さ。最高です。

 

やー、2017年も幸せなゲームライフでございました。

来年もよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゲムマ直前ですが、遊びに飢えておりました。

 

ねずみ海賊ラッタニア

オカズブランドさんのゲムマ新作を一足お先に。

10個の島が並び、獲物が置かれる。

どの島に行くかプロットして一斉公開。同じ島を狙ったら山分け。

問題は、右はじの1番から順に解決するけど、だれも行かなかった島があったら以降は全員空振りというルール。

当然後半のほうが強い効果あったりするんだけど、どうしても誰も置いてない島があって切れちゃうんだよねぇ。

そのたびに欲に目がくらんだプレーヤーの阿鼻叫喚。

阿鼻叫喚ゲームにハズレ無し。楽しかった。

手順のアイコン、もうちょっと小さくても良かったかなぁ。イラスト好きなのでもっと見たかった。

 

クイーンドミノ

タイル配置王国建設の名作になったキングドミノの独立拡張。

個別でも遊べるし混ぜても遊べる。

基本的に2マス分のタイルを取って同じ柄でつないで高得点と言うのは変わらないんだけど、建物が建つ土地が導入され、建物を買うというアクション増え、つないだ土地で徴税することができるようになった。

より深くなったって感じですね。

ただ、広さ変わらず要素だけ増えたので、いろいろままならなかった。

やはりここは、混ぜて広く遊べるルールでやるのが良さそう。

結果こんな感じ。

 

オルレアン(拡張入り)

コマをプロットしてアクションをし、コマを増やして袋から引くデッキ構築ならバッグ構築の名作。

ラウンドタイルによるバランス調整された拡張入りで再プレイ。

市役所から飛ぶ奉仕ボードも交換。お金だけでなく、アクションもできるようになり、ただのデッキ圧縮ではなく、より使う意味を増した。

前秋の反省を踏まえ、歯車多めでやってみたんだけど、歯車に罰金かかるラウンドタイルがあったりして苦戦。

いろいろ伸びず4人中3位(1人は初プレイ)だった。

負けたけどおもろいなぁ。

拡張にはピック&デリバリー要素が加わるお題カードも入ってて、それもまた面白そう。

 

2連続平日会。

幸せとはこういうことさ。

 

ダイスエイジ

ダイスをジャラジャラふって出目でマジョリティ争い。

早抜けで選べる強化カード。ダイスが増える増える。

獲得したカードでボーナス、最終ラウンドの強化カードのボーナス。

楽しさ詰まっとる。

 

クアドロポリス

中央ボードにならぶ建物を矢印タイルで指名し、自分のボードに設置する。

矢印タイルに書かれた数字で位置は縛られるが、そんなにきつくはない。

8歳以上のゲームだからね。

建物タイルの左上にはもらえる資源。右下には得点化に必要な資源。

組み合わせを考えながら置いていくのが楽しい。

 

このあとメモリー系のゲームを一つテストプレイしまして、物覚えがわるくて全然ダメだったけど面白いってかんじでした。