北ボードゲーム会さんは近くて楽しい。

 

チケットトゥライド;ドイツマップ

定番チケットトゥライドにドイツが出ました。ボードの地名がなかなかゴージャスなフォントで読みにくいけど、独の地名は意外と分かるのでなんとかなる。とりあえずドイツの地図と聞くとエッセンを探してしまうボードゲーマーあるある。

基本的にはカードを取るか、同色たくさん出して列車を走らせ街と街をつなぐ。

つなぐ長さで得点が変わり、特定の街をつなぐと点になるカードをみながらつないでいく。

独マップには街に何色かミープルが置いてあり、つなぐと両方の街からミープルを1個ずつもらえる。

最終的に色ごとに多い人が得点もらえるので、まったく無関係の街でもミープル欲しさにつないでしまうので、ゲームの進みが早い。

いいんじゃないでしょうか。

 

ジョイントブロッカーズ

自分の色のタイルに、数字かアルファベットか記号が書いてあり、色ならタテ列、アルファベットなら横列、記号ならマップ上の3x3の区画においていく。かたまりの数が増えるとマイナス点になる。マイナスの少なさを勝負するゲーム。

他人のコマをどけて置くことも可能だが、どかしたタイルは失点として引き取らねばならない。

しかし、引き取る失点は同色最多でカウントするので、1個引き取ってしまえば他の色も1個までなら引き取っても同じことになる。キリキリするねぇ。

何人でやっても盤面の大きさ変わらないという恐ろしいルールなのに、最多5人でやるもんだから、置けるとこねえよ。

置けるとこねえよ!って言いながらウンウン楽しむゲームだった。

要するに楽しかった。

 

赤箱ニムト

6枚目を出してしまったら、その列全部引き取ってマイナス点でおなじみのニムト。

一斉公開で悲喜こもごものオリジナルと違い、赤箱バージョンは1枚ずつ考えながら置いていくゲームになっていた。

緑の牛はプラス点、赤の牛はマイナス点。ここに各自が5点カードと2倍カードを持っていて、引き取りの損得勘定が熱いゲームでした。

要するに、すぐ買った。

 

イタリアンホイスト

トランプの3人用トリテ。

ジョーカー2枚入れた54枚を配り切る。配られた18枚を9枚ずつ2つに分ける。一つは前半で使う9枚。もう一つは後半で使う誰かの9枚。前半は1トリック1点で計算される。後半は1トリックが−1点で計算される。前半で大きく取りたいが、後半は他人にたくさん取らせたいので、どう9枚を選ぶのか。楽しい。

6ラウンド遊ぶのだけど、最初の3ラウンドは切り札無しで、後半の9枚を1ラウンド目は左に渡す、2ラウンド目は右に渡す、3ラウンド目は自分で使う。4ラウンド以降はおなじことやるんだけど、今度はスペードが切り札となる。

きれいなルールだなぁとおもいながらうんうん唸っておりました。

 

カルタヘナ

初プレイ新板で。

6つのシンボルが書かれたマップを進む6人の自コマ。

シンボルが書かれたカードを1枚出し、好きなコマを次のそのシンボルまで進める。

他のコマがいるなら、だれもいないシンボルまでいくらでも進める。

なんぼでも進んでいいかというとそうでもない。手札がなくなってしまう。

手札をふやすには、好きなコマを他の駒がいることまで戻す。そのコマにいる人数分のカードを貰うことができる。

行くべきか引くべきか、それが問題である。

悩みどころがわかりやすく小回り利きそうなゲームだ。

 

雲海 Sea of Clouds

1番の列のカードを見る。欲しければ貰って手番終了。いらなければ、そこに見ないで1枚追加して2番の列を見る。

これを繰り返してカードを集める。

集めると天になるカードや特殊能力のカードがあったり、数ラウンドごとに始まる戦闘に向けて海賊をそろえたり。

裏面で種類がわかるのでいやらしい。

取るか取らないかでカードをピックしていくだけなので、サクサク進んで面白い。

アートも素敵。

 

また今日もボードゲームが楽しかった。

関連する記事
コメント
コメントする