クローズ会にて。

 

サグラダ

親番が袋から出して振ったダイスをみんなで1個ずつとって、自分のボードに置いていく。

くぼみにダイスを入れると固定されるあの感じがたまらぬ。

同色は隣接してはいけないのでモザイクのステンドグラスになるという美しいゲーム。

色や数字が指定されている箇所が幾つかあり、袋から引くので欲しい色のダイスが出ないこともあり、ままならぬ。

美しく面白い。

 

メディチ

クニツィア競りゲー。

親番が共通山札からカードを3枚まで公開し競りにかける。

親の左からスタートし、一巡して親で終わる競り。

親版を移動しつつ5枚取ったら抜けていき、全員が5枚取ったら終了。

カードには数字と商品が書かれていて、まず数字で大きい人にお金が入る。次に、ボードに商品のマスがあるので、対応したコマを上げていき、多い人にお金が入る。

数字を選ぶか商品を選ぶか。親番が何枚目で止めるかも見どころ。

3ラウンドやるのだが、数字の勝負は毎回0から始めるのに、商品の勝負は累積。

わかりやすくいやらしい競りができるので面白い。

なんどもリメイクされてるけど、こえはデュトレイのアートが美しいグレイルゲームズ版。

 

あとは最近定番のダイスゲーム、アンコールやったり、テストプレイしたりで楽しい時間でございました。

コメント
コメントする