新作アンケート前に、ゲムマ新作遊んどこうの会です。

 

ネコは上にのる(十式ゲームワークス)

4カ所十字に置いたカード。一カ所だけネコがのる。ネコ以外の3枚のどこかに、3枚が昇順になるように置いていく。

置いたところにネコが移動し、ぐるぐると出していく。

目の前の一カ所が自分のポイントになる。1枚1点。相手のとこには出したくない。しかし出し切ったら2点入る。

3回くらいやってなんとなく分かってきた不思議なプレイ感。

 

ツンダール(グランディング)

3種類の絵、3種の色。隣接しないように出していく。

絵か色が同じカードが隣接したら落ち物パズルの要領で連鎖して全部引き取り、2回引き取ったら脱落。

しかし、15枚引き取れば勝ち。取るか取られるか、わかりやすいジレンマ。

序盤は取りたくないので我慢比べ。隣接しないように積むということは、1つ崩れると連鎖しやすいということで、15枚引き取り勝ちが見えてきたあたりで盛り上がる。おもろい。

 

サイノメコロシアムR(MRエンターテイメント)

自分のキャラの上下左右に武器や道具や魔法を装備して殴りあう。

上下左右にダイス目が描かれ、攻撃するときはダイスを振ってそこに装備されたものが発動する。

攻撃された時に発動するカードがあったり、装備できるカードがなかったりとドタバタ。

 

七つの予言(Bluete Spiele)

ビット型のトリテ。10ラウンド目までのリードスートが公開されており、トリックには厳密に1位から最下位まで順序がつけられ、自分が何位を何回取るかビットする。まったくもってうまくできている。

 

最後におにぎりさんを2回やってクリアできずに終了。

平日遊ぶとお得感あるね―。

関連する記事
コメント
コメントする