週末月末忙しいので、中旬にゲーム会があるのはとても嬉しい。

 

オケアノス

潜水艦をパワーアプさせながら得点を稼ぐドラフトゲーム。

親が子全員に2枚配り、子は欲しい方をもらって親に戻す。戻ってきたのから親が1枚選ぶ、というドラフト。

パワーアップすれば枚数は増える。

ラウンドごとに横に並べていき、3ラウンド目は深海のカードになる。

アイコンによって毎ラウンド得点になったりパワーアップしたり最終ラウンドに得点になったりするので考えながら並べていく。

得失点がそれほど派手じゃなく、失敗してもなんとかなる優しい調整。

メカパワーアップは面白いよね。

 

デルフォイの神託

3つのダイスに書かれた6つのアイコンで、移動して積んで降ろしてパワーアップしてのピック&デリバリー。

その色のダイスを消費して、同じ色の荷物を移動し、同じ色の怪物を倒す。

運ぶものをたくさん配置するのでセットアップはやや時間かかるけど、やることはわかりやすいのでサクサク進んだ。

ダイス目を調整するチップがあったので、これはこれを使いまくるゲームだなと考えてバンバン使う。

うまいこと繋がって1位。

6面ダイスの6にこだわった!という製作者の思いが伝わった。

 

ファイナルタッチ

写真撮り忘れ。

お題カードの色セットを、1色1枚の手札5枚から順に出していき、最後の1枚を出せた人が得点としてもらえるカードゲーム。

4人のチーム戦遊べた。隣の敵では揃わずに向かいの味方で揃いそうな感じで出していく。

無関係なカードが3枚そろうと、3枚めを出した人じゃない人に半分の得点が入る。自分らで完成させられないなら満点取られるよりはマシ。

カードを何枚出すかだけ考えればいいので、あとは予測と駆け引き。

最後にこちらが持っていないだろうと残り1枚になったところで、ちゃんと最後の1枚を持ってたので勝利。

 

グリフターズ

写真撮り忘れ2。

特殊能力を持った悪人スペシャリストのカードを持ち。直接攻撃しまくりの奪い合い殴り合いのゲーム。

1枚で出せば能力発動。セットで出せば、能力は使えないが場にある得点カードがゲットできる。

出したカードが戻ってくるのに3ターン必要なので、出すタイミングが難しい。

しかし、あらゆる状況を有利にする能力者がいるので、お構いなしにガンガン出して金が乱れ飛びスペシャリストは誘拐される。

遊ぶ人を選びまくるゲームだが、大変面白かった。

 

ファーストクラス

列車を伸ばしてグレードアップ、線路を伸ばして得点化。伸ばした列車には車掌を進め、線路には機関車を進める。お金でちょっと調整可能。

これらのアクションは共通の場に並べられたカードを取ることで発動。3枚取って1ラウンド終了。2ラウンドごとに精算あって、6ラウンドで終了です。

手番順大事。スタピーとっても2金もらえるのでばんばんスタピー変わる。アグレッシブ。

個人ボードから伸びていく列車と線路が分かりやすく遊びやすい。良いゲームでした。

カードセットによって殺人事件があったりいろいろするらしい。なにそれ面白そう。

 

といったところで終了。

重いのから軽いのからいろいろ遊べて、とても充実したゲーム会でありました。

コメント
コメントする