家が近いんでいつか遊びに行こうと思っていた北ボードゲーム会さんにようやく行けました。

 

ポーションエクスプロージョン

連鎖が楽しいビー玉落とし。間を抜いてぶつかった同じ色を入手して手持ちのフラスコに入れ、薬をどんどん完成させていく。

完成した薬は特殊能力として使え、組み合わせでどんどん強くなる。

薬の組み合わせをもっとうまく使えたらな―。連鎖快感はクセになりますな。


ボヘミアの村

写真ない。

ダイスを振って組み合わせ、コマをいろんな効果の建物に置いていく。

コマがなくなった状態で手番が回ってきたら終了なんだけど、同じ数出してコマを戻すこともできるので、勝ち逃げは許さない。

そして終わらない。

最終的に、次の人がコマがない状態で高得点取れる目が出たので終わらせた俺が勝利。

これはメンツによっては面白く無いだろうなぁ。今回は救われた。しかもルール間違ってたし。

正式ルールでまた遊びたい。そんなに長くかからんはず。

 

記号のカードのジェスチャーみたいなやつ(名前忘れ)

2チームに別れ、場に並んだいろんな記号のカードを、チーム代表が同時に使ってジェスチャー。

答えは一緒なのでどっちを見て答えてもいい。

難易度高し。でも、答えられる人は答えられるんだよなぁ。


スペキュレーション

特に楽しいキャラもなく、株ゲームだというので敬遠してたけど誘われたのでやってみた。

すっげー面白かった。だめだわーやってみないとわからんわー。

どんどん値上がりしていくのを見越して安いうちに買い、高い時に売る。

8種の株を全員でコントロール。対応する8枚のカードは毎ターン2枚持ってて、今回進める数字が決まってから1枚出す。

順位を上げるなんていう行動もあり、前の集団を追い越すというルールなので、固まってる時に出たらもう阿鼻叫喚である。

同じ銘柄持ってる人とは変な仲間意識が出たり。これはおもろい。

フィネス(トランプトリテ)

4人専用のペア戦トリテ。JQKが2枚ずつある特殊仕様。

13枚の手札と3枚の公開場札。公開場札はリードの時の相方に使ってもらうしかないというルール。

最初の一枚で切り札が決まり、最終的に公開場札に切り札が残ってたら1枚3点マイナス。

協力して10トリック取ると高得点。

見えてる札をいつ使うか。

とてもペア戦やってる感満載で楽しいトリテでした。勝ったし。


チキンフット

ドミノですね―。繋いでいって出しきった人が0点、他の人は持ち札の点の数だけ失点という恐ろしいゲーム。

初回にマイナス50点くらってしまったけど最下位はまぬがれた。

面白いんだよな―これ。


さんマニア

繋いで連鎖して楽しいさんマニア。どのゲーム会でもこれだけは必ずやってる。

関連する記事
コメント
コメントする