けっこう買ったなぁ。というメモです。

■新作
評判のいい再販モノを中心に考えてたんだけど、やっぱり買っちゃうよなぁ。

【シャーロック13】
デュトレイの絵なので問答無用に買う。
13枚のカード。アイコンの組み合わせが違う。1枚伏せて残りを配りきり、アイコンに関する質問を繰り返して伏せたカードを当てるゲーム。専用シートが大量に入ってて重い。

【渡る世間はナベばかり】
渡辺渡邉渡邉の神経衰弱。中村誠さんのゲームはヨメ担当。

【エスカレーション】
NGOさんのお家芸。クニツィア作品のアート変更バージョン。
場の数字より大きいカード出すか引き取るか。1枚マイナス1点。同じ数のカードは数字合計して出せるので、一気出しの爽快感あり。前日会で旧版をあそんだら面白かったので急遽購入。
長谷川登鯉さん枠その1。

【トリトレレース】
コンパクトジレンマが切れ味抜群のおしだやさん案件。
ダイスを振る。その目だけ進むと他人に同数のポイントを配る。ポイントとしてもらうと他人を進める。
進むのかポイントか。コンパクトジレンマ。

【万猫の豊明かり】
ルールもコンポーネントもこだわる梟老堂さんの新作。
場にある2枚のカードを、手札から1枚伏せ同時公開で一番大きい人と小さい人がそれぞれ取っていく。色縛りやアイコン効果がからんでぐぬぬってなりそう。イラストとデザインが素晴らしい。

【トリック オブ スパイ】
カワサキファクトリーからトリテが出るというので四の五の言わずに買え。
伏せられたカードを当てるトリテ。トリテで勝てば予想プロットができる。色に賭けるとか数字に賭けるとかもできるのだけど早い者勝ち。トリックが進めばカードは公開されていくのでだんだん絞られていく。面白いこと考える人はいるよねぇ。
長谷川登鯉さん枠その2。

【ワラドの冒険】
味のあるイラストを大量に描くことでお馴染みのタガミゲームズさん。
大箱も作る構成力も併せ持つ豪の者。
絵合わせでカード上を進む複数コマ使い。楽しそうなので拡張も買った。

【対決!空論バトル】
2人対戦ディベート。3人目からは審判。
歴史上の人物などのキャラカードを1枚受け取り、お題カードが出て、そのお題に関していかに自分のキャラが優れているかを論じ合う。
子どもが気に入ったので一緒にテストさせてもらい面白かったので購入。
うちの子(ガンダム)vsサークルの人(織田信長)で婚活について。うちの子が「安土城を壊します」という強さを魅せつけて勝利した。婚活かんけーねえ。

【6ラホマミキサー】
安定のグラフィックと、シンプルながら独特のルールで面白いゲームを作り続ける大気圏内ゲームズさん。
自分の場にある2枚のカードで得点するのだけど、全体の場においたカードで全員の場がコントロールされる。
オクラホマミキサーでペアが変わる感じ。英語タイトルがOklahoma Sixerになってた。6そっちかい。


■新作ではないもの
評判は前から聞いていて欲しかったものたち。

【琳派】
トリテ。複数枚で1枚の絵になり、トリックごとではなく絵が完成したらテイクする。
面白い感覚。ずっと欲しかった。

【シンデレラが多すぎる】
シンデレラを忘れたバカ王子に取り入るため、属性を絞り込んで望みの人物をシンデレラだと思い込ませるゲーム。
結果おっさんになったりする。

【海賊と金塊】
ランダムに出る金塊と、手札にある強さの違う海賊を配置して金塊を集める。
このシンプルさはすごい。

【ゾン噛ま】
特定条件でだれかが早抜けしたら、他のプレイヤーは条件無視してはや抜けして一番遅かったら負けという、うすのろ系のゲーム。
コンパクトなうすのろ欲しかったので購入。

【ヴォーパルス】
国産ドラフトゲームの伝説。ようやくの再版で飛びついた。
ドラフトで得たカードを自分の場に配置して効果を絡め合う。やがてカードは年老いて消えていくという経年を感じられるゲーム。
長谷川登鯉さん枠その3。

■お手伝い品
いろんなところに首突っ込んでまして、お礼に一個いただく。

【アタック!にゃんばー1】
GoccoGamesさん。ペア戦で行ったり来たりするボールに合わせてニャンコ動かすバレー。
システムの取っ掛かりとなる原案考えた。

【くろすと〜く】
大門さいころ倶楽部さん。マニュアルのレイアウトチェックした。

【GAME JAMBOREE 3号】【ロスト・テイルズ・オブ・クトゥルフ:ダンウィッチ】
本誌に10ページくらいレイアウト組んでます。

【High!High?High!!】【Glasgow】
TUKAPONさん。箱、カード、マニュアルなど、アート全部やってます。

手堅いラインナップでしょう。自分の好みや交友関係で遊べるかなどを考慮した結果です。
 
コメント
コメントする