一定期間更新がないため広告を表示しています

キッチン付きの部屋で飯作りながらボードゲームというオープン会。初参加。
もともとTCG仲間からの発生みたいで、仲間に入れるか不安でしたが、積極的に声かけていただいて楽しく過ごせました。

ディヴィナーレ

4種のカードが全員の手札合計で何枚あるのかを推理するゲーム。
手札を1枚ずつ公開していき、公開した種類の予想枚数にトークンを置くことができる。
同じ枚数のところには置けず、最終的に正解は3点、両隣は1点、それ以上はずれるとマイナス点になる。
マイナスを回避するために、枚数表示のないところにトークンを逃がすのも可能。もちろん、その種類のカードを公開しないと動かせない。公開したら必ず動かさなくてはいけないので、正解の場所からどかさなければいけない場合もあるので要注意。
途中に2度ドラフトしなければならないので、なにを渡すかも考えながらのプレイになる。
ゲームも面白かったけど、占いをモチーフにしたコンポーネントが美しかった。

ペルガモン

お金を稼いで骨董品を発掘して修復し、博物館に並べて観客得点を稼ぐ。
深く掘るにはカネがかかるが、当然ポイントは高いものが眠っている。
毎ターン獲得金に幅があり、いくら入手できるかもキーになる。
お金を確実にもらえるスペースを狙うと深く掘れなかったりと悩ましい。
せっかく博物館に並べても、だんだん端っこに追いやられて捨てられたり。
考えることは多いんだけど、モチーフのストーリーとしてちゃんとつながってるので解りにくくはない。
骨董修復のパズル要素もあり、これはかなり好きなゲームでした。

ナポレオン
トランプでトリテを。
手札を見て、10以上のカードを何枚とれるか宣言する競りを経て、ナポレオン役が決まる。
ナポレオンは、カードのマークと数字を宣言することで副官を任命できる。残りは敵。
ただ、誰が副官なのかは副官しかわからない。正体隠匿トリテ。
ナポレオンと副官合わせて、競りで宣言したカード枚数を取ればナポレオン軍の勝ち。
とれなければ残りの人の勝ちである。
うまいことできてるなぁ。トランプってすげぇ。

モダンアート

名作の名高いクニツィアの競りゲー初プレイ。
全員が画商になり、手持ちの絵を売って稼ぎ、高価な絵を買っては稼ぐ。
出現枚数が多いと人気の作家となり、価格が高騰する。
もちろん、自分も競りに参加する。ブラフで釣り上げてもいい。競りゲーだからね。
相場は公開なので、いくらまで出せるか。多少赤字になっても、人気作家でいてくれないともっと困る。
とかとか。文句なしに面白い。

ワニに乗る?

ダイス目に合わせて、動物コマをワニの上に乗せていくバランスゲーム。
ありえないバランスがたまに披露されるサーカス気分も味わえる。
大人も楽しいHABA社のゲームでした。

コヨーテ

最後にちょっと時間があったのでコヨーテ。
全員に1枚ずつカードが配られ、自分のカードだけが見えない状態で、場の合計値を順番に吊り上げながら予想していく。
前の人がバーストしたと思ったら「コヨーテ!」と宣言。
バーストしてれば前の人が1アウト、バーストしてなかったら宣言した人が1アウト。
2倍のカードとか場の最大値をゼロにするカードなんかもあって、分からないにもほどがあるけど楽しい。
準備もインストもすぐ終わる楽しいゲームですねこれ。

という感じで初参加にもかかわらず、楽しい時間でした。
開催場所が家の近所なんで、すぐ行けてすぐ帰れるのがとてもいい。
コメント
コメントする