一定期間更新がないため広告を表示しています

翡翠の商人

毎ラウンド8枚出てくるカードを、より少ない枚数の獲得宣言で競っていく。

X枚の下にX枚とって1枚返すという競り方ができ、何を返すかで場をコントロールできたりする。

ミニマムでコンパクトでさすがなゲーム。

問題は俺が競りを苦手としていることだ。

 

ヴィクトリアン・マスターマインド

特殊能力をもつワーカーを配置し、配置場所に3つ入ると入った順に起動。リソースを得て巨大メカを建造したり。

ランダムだったワーカーも能力開放で選べるようになったりと拡大多めの再生産。

邪魔しあいが少なくガチガチしないプレイ感で楽しめます。

 

西フランク王国の建築家

ワーカーがたくさんあるワーカープレイスメント。とはいえ同じとこにたくさん置ける。

置けば置くほどもらえる資源は増えるのだが、そこにいるワーカーをまとめて捕まえて牢屋にぶちこむと金になるので戦々恐々である。聖堂を建てていい人になったり、プール金かっぱらって悪い人になったり、闇市で資源を得ても悪い人になったり、いろいろやることあっておもろい。

 

エレベーター前で

自分の色が決まったら、3基あるエレベーターの順番を入れ替えまくりながら最終的に自分の色が前からちょうどいい場所に収まるのを目指す。キャラによっては倍になったり、同じキャラが3人集まるとお茶飲みにいっていなくなったりと展開も面白い。

程よくカウンティングらしきものも楽しめるけど、基本的にはワーワー楽しめるやつ。

確か作者さんが、作りたいものとみんなでで楽しめるやつのちょうどいい距離を考えてみたみたいなことをいってた。

 

パール

場に6枚、手札上限10枚で、場にある一種のカードを全部取るか、手札から一種出して得点化する。

得点家の枚数によってボーナスカードももらえたり。

サクサク楽しい。

 

オハナミ

写真忘れ。カードゲーム。1〜120の数字カードは水、緑、石、桜の4種のどれか。

各自に10枚配って2枚確保してのこりを隣にわたす。確保したカードは3列まで作れる自分の庭に最小か最大でつないでいく。

種類によってラウンドでの得点が違い、どれを取るか、それを置けるのか、どれを渡すのかを考えながら回していく。

シンプルに纏まってておもろい。

 

コメント
コメントする