恒例のクローズ会。

 

クランカー


ウヴェさんの初期作品。
7種の宝石のカード。手札をショーウインドウに並べ、手札を倉庫に置いていき、誰かのショーウインドウを購入して倉庫に入れる。

倉庫に同種4枚で即換金なのだが、倉庫に他の種類の宝石があると、換金率が下がってしまう。

手札はラウンドの最後に6枚になるまで補充されるので、なるべく使って循環させたい。

悩ましい。こういう他人の動きを見ながら遊ぶカードゲームは面白いねぇ。

 

フードトラック

マメじゃないよ的なやつ。

4種のカード。各種、1から10、x0のカード、x2のカードが1枚ずつ。マイナスカードが3枚。
全員に配り切る。
親が1枚オープンで出し、そこにスタPマーカーを置く。子は裏向きで1枚出して一斉公開。
親が他者のカードを1枚取る。取られた人は親以外の他者のカードを1枚とるを繰り返し、最後の人が親のカードをスタPマーカーごと取り、次の親になる。この繰り返しで、手札がなくなったら各種で数字を合計して一番多い人が勝ち。
x0のカードはその種類はもう何しても0点。x2は倍。マイナスは1枚だとマイナス点、2枚だとプラスに戻り、3枚だとまたマイナスになる。うまいことできとる。
得点が伸びてる人はマイナス取らされるよね。マイナス1枚持ってる人はもう一枚ほしいよね。マイナスになるくらいなら0でいいよね。なにこれ面白い。

 

ダイスセトラーズ

通販で買ったのが午前中にきたので、ざっとマニュアル読んで遊んだ。

ルールミスあり反省。

アクションやリソースの描かれたダイスを振り、得点を伸ばす。

開拓地を広げ、マジョリティによって能力がもらえ、終了時にはポイントになる。

ダイスを買ったり、1ラウンドにふれる個数を増やしたり。

開拓地は相乗りできたり攻撃して乗っ取ったりできるので、優しいようなマルチなような。

おける駒を用意しておかないとどちらにしろ参加できないので、その残りも悩ましいのだけど。

開拓地能力の使い方間違ってたので、もう何回か遊びたし。

 

リーフ

個人ボードに4種のタイルを配置して、上から見た形で得点をしていく。

カードには並べる駒と得点になる並び方が書いてあって、両方やらねばならぬ。

もちろん、違う色で書いてある。

手番にやることは、共通の場からカードを取るか、カードを出すか。

今回は拡張のお魚入り。毎手番の最後に2匹いる魚のどちらかを1マス動かせる。

魚がのってるところで得点すると1点追加。

もともとサンゴ礁のモチーフなんだけど、魚がのることで見栄えが完璧。

高さの概念があるので悩ましく面白かった。

 

スタッフヤーフェイス

すっげー動かしにくいピエロの手を操作して、ピエロの口にボールを運ぶゲーム。

やってるうちにコツを掴んできて、レベルアップしている俺感が最の高。

 

コメント
コメントする