月島にて、ブルーストーンさんに子どもとお邪魔しました。

 

ふくろと金貨
写真撮り忘れ。親分によって金貨を個別に袋に入れてもらい、手番になんとなく量を考えながら誰かの袋から金貨をもらう。その時、総量が相手を超えると思われるとダウトの対象となるので、絶妙なさじ加減が必要。ダウトの勝者は2人分総取りなので他の全員にむしられる(絶妙なさじ加減で)。なんともいえないおかしみのある良作。

 

チーキーモンキー

クニツィアの佳作。初プレイ。袋(猿のぬいぐるみの背中)からチップを引き、同じのが出るまで何度でも引け、同じのが出たらバーストでもらえないという坊主めくりなんだけども。獲得したチップは1つに積んでおき、誰かの一番上と同じの引いたら横取りできたりするので、獲得時に並び順決められたりと考えどこも適度にある。えらい面白かった。
帰り道に現状購入可能なコンパクト版「モンキービジネス」買っちゃうほどに。

 

ルールの達人

海外でも出たカワサキファクトリーさんのゲーム。ベストな5人で。数字のカードとルールのカードがあり、どちらが先でもいいんだけど順に一枚ずつ出して、数字とルールを全員が一枚ずつ出したら全員の数字を見て、ルールがクリアできてたらルールカードを獲得する。ルールが絶妙でねぇ。合計がある数字以下とか、色か数字が3ペアとかある。極めつけは右の人がクリアしたらクリアできるカード。それによって変に協力体制ができたりする。何回遊んでもおもろい。

 

テレストレーション
写真撮り忘れ。全員分のスケッチブックがあり、個別のお題を文字で書いたら隣に渡し、それを見た隣の人が絵を書いて隣に渡し、こんどは文字でお題を書くを繰り返すイラスト伝言ゲーム。ありえない変化をしていくので爆笑。何度やってもおもろい。ローカルルールなのか、自分のスケッチブックが最後まで正解だったら2点、一枚だけ良さげなページを決めて1点プレゼントした。やさしい。

 

ドッグスライフ

アクションポイントで移動するピック&デリバー。ごみ箱をあさったりレストランでおねだりして食料や骨をもらい、自分の陣地に骨を4つ埋めたら勝利。毎手番最後にダイスを振り、保健所の車を移動して他のプレイヤーを捕獲させることができる。捕獲されたら手番では保健所みたいなとこで脱出判定をするのみ。
これ、ゲーマーがやると保護施設の車を緻密にコントロールして、誰もゴールしないまま時間が過ぎてしまうのでいかん。保護施設から脱出するのに最多で4手番かかり、なんかもう後半は保護施設にずっといた。かといって勝負なので緻密にコントロールしないわけにもいかない。うむ、苦手。

コメント
コメントする