自分のゲームマーケットも4年目に突入。

2日開催になってからは、初日に出展して2日目に一般参加しております。

 

今回のブースはこちら

新作は名刺印刷の得点ボード。チャック袋がメインなので、ぶら下げディスプレイ採用です。

けっこう作ったんだけど半分くらい売れたので、少しづつ今後売っていく感じ。

こういう、ちょっとずつ売れるのがいいのよ。毎回新作出せるわけでもないので。

 

1日目の戦利品

ライト系多し。右上からいくと。

さけのぼり(こぐまやん)

 川のカードとクマのカードをもち、各自が裏向きに設置し合う川を上っていく。

ハピエストタウン(さとーふぁみりあ)

 子ども向けに調整された拡大再生産。ボードゲームの基本要素がこれでもかと学べる。

オネズミ算(モグワイ)

 溜め込める坊主めくり。先にクリアすれば他のプレイヤーの溜め込んだものをマイナスにしてやれる。もちろん貯め過ぎ注意。つまりジレンマ。うまい。
マルチトレイ(コロコロ堂)

 中味2個持ってるので箱だけ買った。ほしかったよ箱。
ゴーストアウト(かぼへる)

 4x4の多方面マンカラ。取ったコマで特殊効果が使える。安定のシステムをアレンジし、リプレイ性を追加した逸品。
本草(EmperorS4 games)

 去年試遊して気になってたので購入。14枚のカードを2枚隠して他を配りきり、他人の手札の情報を集めて隠された2枚を当てるゲーム。
でんしゃクジラ(イマジンゲームズ)

 シンプル麻雀とかラミー系。2枚でセットになる動物、3枚でセットになるクジラ、3枚以上なんぼでも繋げられる電車を組み合わせてセットを作る。
ペーパーテイルズ 日本語版(Engames)

 ペーパーテイルズは日本人作家とそれを日本語化してくれる会社さん支援のためにもマストバイ。

ドラフトして配置し、資源を生み出し戦争をして勝利点を稼ぐ。全4ラウンドで基本的にカードは1ラウンドだけ生き残るので時間の概念が必要。うなるほどおもろい。

フロム:バタヴィア(COLON ARC)

 コスト分の枚数を手札から捨てるのだが、それを隣の人に渡されるという一風変わったドラフト。設置カードや設置場所で効果が発動し、設置場所を3回クリアすれば終了。タンサンアートも見事。

 

2日目の戦利品

ダイストレイ(GP)

 巨大3Dウボンゴに挑戦する企画で、子どもと一緒に簡単なやつをクリアしてもらった。結構しっかりしてて良い。
モウルスカルタ(ギフトテンインダストリ)
 スマホとアナログゲームを組み合わせるでお馴染みのとこから、今度は音。スマホでモールス信号を打ち、それを取るカルタ。ありそでなかった。箱などもスッキリしてて気持ちいいデザイン。

双子の王子(siroup games)

 ジレンマが多重構造をなす2人対戦のマジョリティゲーム。月の数で場を取るもよし、星の数でカードを取るもよし。ママダユースケの美麗アートも素晴らしい。長いこと迷ってたが当日に半額で売ってることを知ってまず行った。
ナインブレイク(ナインブレイク)

 数字の書いてあるオセロ。合計値の多い2枚で挟むと間のコマをひっくり返せる。数字は1〜6で、1の裏は6、2の裏は5とサイコロと同じになっている。色も反転して相手のものに。9が最強で、足して2桁になるものは1のくらいだけ見る。つまり10は最弱の0になる。安定感。
リミット30min(アソビCafe)

 デザインに関わったので支給された。1回だけ遊べる謎解きゲーム。デザインしてるので答え全部知ってるのが難。
走れ!メトロ(秘密基地研究所)

 同色路線をつなげるタイル配置ゲーム。長く開けて駅同士をつなぐとポイントになる。ルール読んで気になったので購入。
1911:アムンセンvsスコット(ゲームストア・バネスト)

 2人用ハンドマネジメントレースゲーム。テーマに惹かれて購入。引き運的な部分もあるけど、この会社さんは複数拡張込みなので何度か遊びたい。
マス目野球エキサイトNeo(ベリーマッチ・トイ)

 子どもと試遊して購入。一球一球カードで対戦し打球処理もして完全に野球をやる。リアルすぎて3回で小一時間かかるので9回が遠い。野球わかってると面白い。

 

という感じ。

しばらく売れ行き止まってたコミュニケーション系の「ぽいひと」が持っていった分全部売れたので、持ち込み数変えたほうがいいかも知れん。

ちょっと重めのやつとかも作ってみたいし、手作りで10個みたいなのも作ってみたい。いろいろやってみたいね。

コメント
コメントする