遊ぶものが決まってるいつもの面子でやる平日会の楽しさは異常。

 

ヌスフィヨルド

漁業会社のオーナーになって町を発展させるゲームなんですって。さっきまで漁師なんだと思ってた。
とはいえ基本は漁業(と林業)です。
ラウンドのはじめに漁獲量に合わせて魚が捕れて、それを規定通りに各所に配分し、自分の取り分を確保したらスタート。3つのワーカーを置いたらラウンド終わって7ラウンドのゲームになります。
ワーカーの増減がなく、アクションの変化もあまりないので、基本的に建物のコンボに集中して楽しめるゲームかな。リソースも魚と木とお金しかないので管理も楽。ゲーム脳の7割を建物コンボでわっしょいわっしょい楽しくしてたら終わります。

魚は毎ラウンドのはじめに持ち船のでかさで漁獲量が決まってる。
木は建物2つ分のスペースがあって、伐採すれば木がもらえ、植林すれば増え、たくさん生えてる時に間引きすると伐採よりは少ないけど木がもらえます。どの状態で木を回すかも重要。
お金は、株を売るか、個人ボードに置ける特殊能力者であるところの長老獲得or長老アクション用に必要な共通の場に魚を置くと手に入る。基本的には他者も利することによってもらえる。社会とは、仕事とはそういうものよな
建物が、名前と効果とコストしか書いてない文字カードなので、きれいな町ができました―ってことにはならんのだけど、コンボだコンボだ脳汁祭りを純粋に楽しめる面白ゲーでありました。

 

でんしゃクジラ

こないだのゲムマ大阪で話題の逸品。

麻雀と言うかラミーというか、手札があって1枚取って1枚捨てて役を作る。

他人の捨て札も拾えるけど、拾ったら必ずすぐにセットにして見せないといけない。

2枚でセットの動物だったり3枚でセットのクジラだったり3枚以上何枚でもつながる電車だったり。

ただ、9枚で完成なので、内わけをそろえないと上がれないのが要注意。動物を4セット作ったら8枚しか使わないので、1枚あまり、1枚じゃセットできないので詰みます。

ありがちなシステムなのに、縛り方で新鮮さを出している。お見事。

 

知略悪略

お噂はかねがね。古めのトリテ。

4スート1〜14のカード。

メイフォローで出していき、リードスートが強い。

出されたカードを、勝った人が半分もらい、リードをフォローせずに負けた人が残り全部を受け取る。

4スートあるうちの2色は枚数で掛け算で得点、他の2色は合計した枚数を前述の得点から割る。

つまり、3枚3枚2枚2枚取ったら、3x3で9点を2+2の4で割る。9÷4=2.25。端数切り捨てなので2点になる。

これを出すと誰が勝ってどれを取って何枚持ってる?ってのをずっと考えるトリテです。おもろい!

 

コメント
コメントする