一定期間更新がないため広告を表示しています

11月24日25日にゲームマーケットがありました。

例によって24日に出展、25日に一般参加してきました。

以下収穫品

 

1日目その1

Jumble Order(操られ人形館)

デッキ構築。手札ではなくめくりで遊ぶ。カードテキストもイラストももりもり。


横濱紳商伝デュエル(オカズブランド)
横濱紳商伝が二人用になった。力の違うワーカーをプレイスメントして得点を稼ぐ。

 

Trick'n Trouble(梟老堂)
オツカイフクロウの苦労話の海外版。トリテベースで目的クリア型の協力ゲーム。

 

Dragons Stone Riviced(Power9Games)
ドラフトの名作が復刻。最初に配られたカードから1枚取って残りを回す式にドラフトし、1枚ずつ能力解決。カードを出すにはコストがかかり、それは前に出したカードの累積だったりするので後半強力な撃ち合いになる。

 

SANTIAGO de COMPOSTELA(四等星)
カードを一列に並べ、セットを気にしながら取っていく。進んだらもう後ろのカードは取れない。得点方法がユニーク。

 

テトラコンボクワトロ(カワサキファクトリー)

テトリスのあの形を作るアブストラクト。コマで作ってもいいし、空いたスペースで作ってもいい。2人用を買おうと思ってたら4人でも遊べる新版が出たので迷わずゲット。

 

1日目その2

シールズ(Mandoo Games)

アートがデュトレイなので購入。簡単なピックしてセット出しゲーム。
 

マメイ(HOY GAMES)

ほしくないカードに山から1枚追加してパスしながら欲しいカードをゲットするウィンストンドラフトでセットを作る。高得点狙うのもいいが、得点の回数はセットの枚数ごとに限られているので悩ましい。


ラミーファイブ(タルトゲームズ)

頭2枚と連番か同番の2枚でつくるラミーというか麻雀というか。シンプルですぐ遊べる。アートきれい。


ゾンババ(ひとりじゃ、生きられない。)

ババを持ってる人は一部手札が公開になるが、公開札を引くとババもついてくるというババ抜き。公開している人は必ずババを持っているので、非公開札の中にババがあり、ババを引く確率が高い。


アリスアセンブル(空理計画)

ラストカードの数字順に次のカードをピックして、カードのアイコンが連続するように並べる。数字が小さいと次に欲しいカードが手に入るが、数字が大きいと得点効率をあげられる。うまいことできとる。


ジグザ(ハッピーゲームズ)

ダイスを回転させながら進めるダイスチェス。目が大きいと隣りにある相手のダイスを取れるわけだが、大きい目で隣になるために頭をつかうわけだ。

 

2日目

天下鳴動(カカトgames)

予約したので買いに行ったらゲムマ大賞受賞していたのでシール貼ってあった。ダイスを3個ふり、2個を足して2から12の土地に残りの1個で決まった個数のコマを配置。マジョリティを競う。最終的に数字の小さい場所から解決するが、買ったプレイヤーは周囲に援軍を送ることができるので、援軍によってマジョリティが変わってしまうのだ。この連鎖感が決まれば気持ちいい。


スリーバイエイト(AMIGO)

手札から自分の場に昇順にカードを出していき8枚で1列完成。3列できたら勝ちというゲーム。手札を増やして待ちを広げたり、相手の列を止める邪魔カード出したり。直接攻撃があるということはワイワイやる系ですな。


MECHRIV(CLOUDGEAR GAMES)

移動と攻撃範囲の違うロボカードが11枚。これをランダムに5枚取ってならべ、レベルのよって何枚かを倒すべきロボにして、それを全部倒すのに何手かかるかを早く宣言するゲーム。ハイパーロボットとかそういう系。


72(シヴァ玩具遊戯)

全てのカードに特殊能力があって、3トリック取ればいいトリテ。カードイラストは脱力系モンスターでいい感じ。


ミューラ(テンデイズゲームズ)

国産の名作3人ゲーム復刻版。親が宣言した枚数の同じ色で同じ数字のカードで強さ勝負していく。勝てればカードが得点になって残る。勝てそうになければ適当に枚数だけ揃えて捨てる。初期手札をどう分配するか。


オストル(雅ゲームス)

コマをスライドさせ、相手を押し出す。中央に穴と呼ばれる丸いコマがあり、そこにも押し出されるのだが、コマを動かさずに穴を動かしてもよい。シンプルなアブストラクト。

 

なかなかの収穫。

自分のゲームマーケットも4年目に突入。

2日開催になってからは、初日に出展して2日目に一般参加しております。

 

今回のブースはこちら

新作は名刺印刷の得点ボード。チャック袋がメインなので、ぶら下げディスプレイ採用です。

けっこう作ったんだけど半分くらい売れたので、少しづつ今後売っていく感じ。

こういう、ちょっとずつ売れるのがいいのよ。毎回新作出せるわけでもないので。

 

1日目の戦利品

ライト系多し。右上からいくと。

さけのぼり(こぐまやん)

 川のカードとクマのカードをもち、各自が裏向きに設置し合う川を上っていく。

ハピエストタウン(さとーふぁみりあ)

 子ども向けに調整された拡大再生産。ボードゲームの基本要素がこれでもかと学べる。

オネズミ算(モグワイ)

 溜め込める坊主めくり。先にクリアすれば他のプレイヤーの溜め込んだものをマイナスにしてやれる。もちろん貯め過ぎ注意。つまりジレンマ。うまい。
マルチトレイ(コロコロ堂)

 中味2個持ってるので箱だけ買った。ほしかったよ箱。
ゴーストアウト(かぼへる)

 4x4の多方面マンカラ。取ったコマで特殊効果が使える。安定のシステムをアレンジし、リプレイ性を追加した逸品。
本草(EmperorS4 games)

 去年試遊して気になってたので購入。14枚のカードを2枚隠して他を配りきり、他人の手札の情報を集めて隠された2枚を当てるゲーム。
でんしゃクジラ(イマジンゲームズ)

 シンプル麻雀とかラミー系。2枚でセットになる動物、3枚でセットになるクジラ、3枚以上なんぼでも繋げられる電車を組み合わせてセットを作る。
ペーパーテイルズ 日本語版(Engames)

 ペーパーテイルズは日本人作家とそれを日本語化してくれる会社さん支援のためにもマストバイ。

ドラフトして配置し、資源を生み出し戦争をして勝利点を稼ぐ。全4ラウンドで基本的にカードは1ラウンドだけ生き残るので時間の概念が必要。うなるほどおもろい。

フロム:バタヴィア(COLON ARC)

 コスト分の枚数を手札から捨てるのだが、それを隣の人に渡されるという一風変わったドラフト。設置カードや設置場所で効果が発動し、設置場所を3回クリアすれば終了。タンサンアートも見事。

 

2日目の戦利品

ダイストレイ(GP)

 巨大3Dウボンゴに挑戦する企画で、子どもと一緒に簡単なやつをクリアしてもらった。結構しっかりしてて良い。
モウルスカルタ(ギフトテンインダストリ)
 スマホとアナログゲームを組み合わせるでお馴染みのとこから、今度は音。スマホでモールス信号を打ち、それを取るカルタ。ありそでなかった。箱などもスッキリしてて気持ちいいデザイン。

双子の王子(siroup games)

 ジレンマが多重構造をなす2人対戦のマジョリティゲーム。月の数で場を取るもよし、星の数でカードを取るもよし。ママダユースケの美麗アートも素晴らしい。長いこと迷ってたが当日に半額で売ってることを知ってまず行った。
ナインブレイク(ナインブレイク)

 数字の書いてあるオセロ。合計値の多い2枚で挟むと間のコマをひっくり返せる。数字は1〜6で、1の裏は6、2の裏は5とサイコロと同じになっている。色も反転して相手のものに。9が最強で、足して2桁になるものは1のくらいだけ見る。つまり10は最弱の0になる。安定感。
リミット30min(アソビCafe)

 デザインに関わったので支給された。1回だけ遊べる謎解きゲーム。デザインしてるので答え全部知ってるのが難。
走れ!メトロ(秘密基地研究所)

 同色路線をつなげるタイル配置ゲーム。長く開けて駅同士をつなぐとポイントになる。ルール読んで気になったので購入。
1911:アムンセンvsスコット(ゲームストア・バネスト)

 2人用ハンドマネジメントレースゲーム。テーマに惹かれて購入。引き運的な部分もあるけど、この会社さんは複数拡張込みなので何度か遊びたい。
マス目野球エキサイトNeo(ベリーマッチ・トイ)

 子どもと試遊して購入。一球一球カードで対戦し打球処理もして完全に野球をやる。リアルすぎて3回で小一時間かかるので9回が遠い。野球わかってると面白い。

 

という感じ。

しばらく売れ行き止まってたコミュニケーション系の「ぽいひと」が持っていった分全部売れたので、持ち込み数変えたほうがいいかも知れん。

ちょっと重めのやつとかも作ってみたいし、手作りで10個みたいなのも作ってみたい。いろいろやってみたいね。

今回も色々買いましたので、メモ的にざーっと箇条書きます。

 

キャプテンダイス(グランドアゲームズ)

 前半は早い者勝ちで後半はカードを配置して敵の行動を妨害する。一粒で二度美味しい。

サイノメコロシアムR(MRエンターテイメント)

 子どもと遊ぶゲーム選びに絶大な信頼を置いているひとのおすすめによりマストバイ。キャラバトルもの。

8ビットモックアップ(さとーふぁみりあ)

 同じタイル同時配置ゲー。わかりやすいルールに可愛いグラフィック。鉄壁。

地獄Queue部(マーチヘアゲームス)

 ダイスが死ぬほど入ってる、ダイスジャラジャラマジョリティゲー。勢いが好き。

ドロドコ(アソビデプト)

 グラフィック最高。隠匿鬼ごっこ。気になってたらブース前で子どもが欲しそうにしたので、かこつけて即買い。
ミラーマン(アソビデプト)

 協力ゲー。相手と同じ配置をする。ミラーマンは何にでもなれる。システムが気になってずっと欲しかったやつ。

神九(緋色の兎亭)

 複数リードのトリテ。アート刷新版。アート最高。

ワイルドゴールド(ロクジゾー)

 カード自体を石や木として使って道具を作り、それを使って遊ぶゲーム。アイデア抜群イラスト最高。

ネコは上にのる(十式ゲームワークス)

 昇順配置入れ替えゲー。わかりやすいルール素晴らしい。ネコの目つきが素晴らしい。

ぽんこつペイント(モグワイ)

 正円か直線しかかけないお絵かきゲー。文句なし鉄板になるゲーム。

七つの予言(Bluete Spiele)

 ビット系トリテ。4位までの順位を何度取るか予想する。悪いカードでもなんとかなる素晴らしいシステム。

ルーク&レイダース拡張(蓑竹屋GAMES)

 個別ボードで遊ぶキャッスルディフェンスものの拡張。モンスターとキャラの追加。ドット絵グラフィックは芸術。

 

 

ゲームジャンボリー5号(GAME JAMBOREE)

 もう5号か。編集方針の目線が製作者寄りで勉強になる。

創造的な習慣 第1集 第2集(Saashi & Saashi)

 著名ゲーム作家へのインタビュー本。デジタルでも公開されてて有料登録したんだけど、やっぱり祇で欲しかった。

CAPTURING CAGE(TUKAPON)

 アート担当したので献本いただく。隠匿鬼ごっこ系だが、鬼だけが見えるパターン。

ボブジテン(TUKAPON)

 アート担当したので献本いただく。カタカナ語をカタカナ語無しで説明して当ててもらう。5分で売り切れたらしい。

フタリシロ(イマジンゲームズ)

 シンプルポップな2人用。ゲーム性グラフィックともにハイレベルで安定。

トゥーフーピーポー+(米光とはらぺこなゲームデザイナーズ)

 プリン体調整して痛風避けるゲー。嫁さんの希望品。

JUST MEAT!!(スタジオG3)
 アウトレット品。ゲムマ後の飲み会でゲットした。

 

 

サント・ドミンゴ(ゲームストア・バネスト)

 能力の違う8種のカードを全員が同じ構成で持ち、出し方で運命が変わるゲーム。

 ゲムマは自分が出展しているというのもあって、バネストさんの品は買えたことがなかったんだけど、初めて買えた。

ゲームマーケット2016秋行ってきました。

 

戦利品とメモ。

 

聖杯サクセション/大気圏内ゲームズ

→だいぶ前から傑作だー面白いーって話聞いてて未プレイだけど購入。
トルトラレル/ガーデンゲームズ

→イラスト素敵すぎた。
蝉の声/ヤマズゲームス

→こちらもイラストの力で気になり、坊主めくり系は好きなので買ってみた。
ImperialPoker/Spinach

→ポーカー+αってどんなもんなんだろうと。
押して参る!/ファントムラボ

→スライドシステムが気になった。あとうちの子武将好きなので。
ファイナルバーガー/四等星

→こちらも前から噂聞いてて、グラフィックも見事だった。
詠み人知らず便利箱/モグワイ

→詠み人知らずの安定感とモグワイさんのアートで買わない理由がない。
人喰い屋敷/おいしいたにし

→気になるトリテは買うスタイル。ただよう妖怪感も素敵。
THE 残業/カラメルカラム

→残業とかの社畜系は買わない主義だったのだけど、いかんせんイラストが気に入ってしまった。
ReCURRRing/賽苑

→単純ではなく、シンプルなゲーム性なのに斬新で面白いのが賽苑さんというイメージです。

 

果実の収穫 〜THE FRUIT HARVEST〜/GALLERY OUCHI
→ペン画に色彩暗めの色をのせた独特の世界観で、所見で即予約。

フィルムを巻いて!/ Saashi & Saashi

→ついに我が家にもSaashi & Saashiさんのゲームが。ひねりが効いててアートも噛み合ってて素晴らしい。
Garden of minions/Manifest Destiny

→今回絶対買うと思って一番最初に予約したのがこれ。ダイスを並べて連鎖させるソロゲーム。
ルーク&レイダーズ/蓑竹屋GAMES

→蓑竹屋さんはもうグラフィックが素晴らしいので毎回気になってますがついに入手。楽しみ。
王と道化/cosaic

→SNEさんお得意のクニツィアもの。前日会で遊んだら複数枚出しの爽快感とジレンマが両方あるという楽しさにやられた。
トリックオブスパイ(ボードのみ)/テンデイズゲームズ

→テンデイズさんから正式発売の際に、紙のシートだったのがボードになり、そのボードだけを売ってくれるという親切設計。
ゲームジャンボリー2016冬号/冒険企画局

→毎回買ってますから。発行が冒険企画局さんにうつりましたね。

 

メビウスママのライブラリー

→頒布会の過去リストと、売れ筋ランキングの過去リスト。国内の図書館全てに置いてあるべき情報。

巨大災害対策本部

→嫁の知り合いよりいただく。不明生物特設ではない。切り離して遊ぶ系。すげえ遊びたい。

スター・ウォーズ カードゲーム (頭のよくなるゲーム)

→いただきもの。春のゲムマ前にニュースで見て、どんなんだよってTwitterで突っ込んだら関係者の人が遊びに来てくれて。こんどは実物持ってきてくれました。ゲムマの出会いに乾杯。

 

ウサギの本/ショーナンロケッティアズ

→うちの子が大好きなショーナンさん。ゲーム買いに行ったら売り切れてたんだけど、本いただく。子どもがバックヤードでずっと読んでた。

 

ゲスラブ缶バッジ/しらたまゲームス

→知り合いから聞いて、ブースほったらかしてダッシュしてゲットした。感涙。赤ちゃんのつぶらな瞳で見られながら買ったので、なにかしら不思議な気持ち。

天空の島ラピッタ カードゲーム/ラブリー会

→ラピッタだ好きダラピッタが好きだと言ってたら、前日会でおためし版フルセットをいただいた。人類よ、見よこのギリギリアウト感。

 

海賊の宝島〜オクラコーク/アークライト

→拙作が来年出ます。モック作って飾ってくれてたのをこっそり撮影。

 

けっこう買ったなぁ。というメモです。

■新作
評判のいい再販モノを中心に考えてたんだけど、やっぱり買っちゃうよなぁ。

【シャーロック13】
デュトレイの絵なので問答無用に買う。
13枚のカード。アイコンの組み合わせが違う。1枚伏せて残りを配りきり、アイコンに関する質問を繰り返して伏せたカードを当てるゲーム。専用シートが大量に入ってて重い。

【渡る世間はナベばかり】
渡辺渡邉渡邉の神経衰弱。中村誠さんのゲームはヨメ担当。

【エスカレーション】
NGOさんのお家芸。クニツィア作品のアート変更バージョン。
場の数字より大きいカード出すか引き取るか。1枚マイナス1点。同じ数のカードは数字合計して出せるので、一気出しの爽快感あり。前日会で旧版をあそんだら面白かったので急遽購入。
長谷川登鯉さん枠その1。

【トリトレレース】
コンパクトジレンマが切れ味抜群のおしだやさん案件。
ダイスを振る。その目だけ進むと他人に同数のポイントを配る。ポイントとしてもらうと他人を進める。
進むのかポイントか。コンパクトジレンマ。

【万猫の豊明かり】
ルールもコンポーネントもこだわる梟老堂さんの新作。
場にある2枚のカードを、手札から1枚伏せ同時公開で一番大きい人と小さい人がそれぞれ取っていく。色縛りやアイコン効果がからんでぐぬぬってなりそう。イラストとデザインが素晴らしい。

【トリック オブ スパイ】
カワサキファクトリーからトリテが出るというので四の五の言わずに買え。
伏せられたカードを当てるトリテ。トリテで勝てば予想プロットができる。色に賭けるとか数字に賭けるとかもできるのだけど早い者勝ち。トリックが進めばカードは公開されていくのでだんだん絞られていく。面白いこと考える人はいるよねぇ。
長谷川登鯉さん枠その2。

【ワラドの冒険】
味のあるイラストを大量に描くことでお馴染みのタガミゲームズさん。
大箱も作る構成力も併せ持つ豪の者。
絵合わせでカード上を進む複数コマ使い。楽しそうなので拡張も買った。

【対決!空論バトル】
2人対戦ディベート。3人目からは審判。
歴史上の人物などのキャラカードを1枚受け取り、お題カードが出て、そのお題に関していかに自分のキャラが優れているかを論じ合う。
子どもが気に入ったので一緒にテストさせてもらい面白かったので購入。
うちの子(ガンダム)vsサークルの人(織田信長)で婚活について。うちの子が「安土城を壊します」という強さを魅せつけて勝利した。婚活かんけーねえ。

【6ラホマミキサー】
安定のグラフィックと、シンプルながら独特のルールで面白いゲームを作り続ける大気圏内ゲームズさん。
自分の場にある2枚のカードで得点するのだけど、全体の場においたカードで全員の場がコントロールされる。
オクラホマミキサーでペアが変わる感じ。英語タイトルがOklahoma Sixerになってた。6そっちかい。


■新作ではないもの
評判は前から聞いていて欲しかったものたち。

【琳派】
トリテ。複数枚で1枚の絵になり、トリックごとではなく絵が完成したらテイクする。
面白い感覚。ずっと欲しかった。

【シンデレラが多すぎる】
シンデレラを忘れたバカ王子に取り入るため、属性を絞り込んで望みの人物をシンデレラだと思い込ませるゲーム。
結果おっさんになったりする。

【海賊と金塊】
ランダムに出る金塊と、手札にある強さの違う海賊を配置して金塊を集める。
このシンプルさはすごい。

【ゾン噛ま】
特定条件でだれかが早抜けしたら、他のプレイヤーは条件無視してはや抜けして一番遅かったら負けという、うすのろ系のゲーム。
コンパクトなうすのろ欲しかったので購入。

【ヴォーパルス】
国産ドラフトゲームの伝説。ようやくの再版で飛びついた。
ドラフトで得たカードを自分の場に配置して効果を絡め合う。やがてカードは年老いて消えていくという経年を感じられるゲーム。
長谷川登鯉さん枠その3。

■お手伝い品
いろんなところに首突っ込んでまして、お礼に一個いただく。

【アタック!にゃんばー1】
GoccoGamesさん。ペア戦で行ったり来たりするボールに合わせてニャンコ動かすバレー。
システムの取っ掛かりとなる原案考えた。

【くろすと〜く】
大門さいころ倶楽部さん。マニュアルのレイアウトチェックした。

【GAME JAMBOREE 3号】【ロスト・テイルズ・オブ・クトゥルフ:ダンウィッチ】
本誌に10ページくらいレイアウト組んでます。

【High!High?High!!】【Glasgow】
TUKAPONさん。箱、カード、マニュアルなど、アート全部やってます。

手堅いラインナップでしょう。自分の好みや交友関係で遊べるかなどを考慮した結果です。