KOBE(luck movies)

ゲムマの大阪で出た、商品交換セット変換。

商品カードを並べ、手札を倉庫に入れる。他人の商品を全部買って自分の倉庫に入れる。誰も買ってくれない商品は手番の最初に倉庫に入る。

ぐるぐると繰り返し、倉庫内で4枚になった商品を換金。その時倉庫内に商品の種類が少なければ高レートで換金できる。

サクサクでござった。

 

レイクホルト

ヌースフィヨルドに続く、ウヴェさんのワーカー増えないワカプレ。

野菜を入手、畑を入手、畑に植える、収穫するを組み合わせて野菜を獲得し、ラウンドの最後に周囲にあるテーブルに支払って進んでいく。毎回一回だけ支払わずに逆にもらって進めるので、何をもらうか何を支払うかの組み合わせの妙。

斬新じゃないけど老舗の偉大なるマンネリという感じで安心感もあり楽しい。

夜コロ、ゲムマ会にお邪魔してきました。

がっつりしたゲーム会は久しぶりである。

 

三津浜(タルトゲームズ)

タルトゲームズさんの新作ですな。せりです。

手番プレイヤーが4色のダイスを振り、それぞれが水揚げされた魚をあらわしている。最大値までのなかでダイスを選び、手番プレイヤー以外が同時につりあげていく競りをする。金額決まった時点で競り落としたプレイヤーが手番プレイヤーに支払って魚を手に入れるが、手番プレイヤーが同額で買い取っても良い。

魚の個数と組み合わせでお店におろせば高額になり、最終的に手札のお金も合わせて最高額が勝つ。

4種類いるのに最初から4種手に入れられないとことか細かく憎いシステム。

しかし私は10面ダイスで3回連続1を出す男。初手で全ダイスが1になり。全く金が手に入らずボロ負けしおった。

 

ハニーフェスタ(ゆるあーと)

ハンザの女王の製品化で実力が天下に轟くゆるあーとさんが、またすげえの出してきた。

同じタイルを持ち、同じ順で供給されるタイルを並べてお題のセットをクリアしていく。

盤上のコマの周囲にしか配置できず、配置しないで捨てるとコマが移動できるという憎らしさ。

同じ色で合計8になる塊を作れたら花が咲いたり、色関係なしに同じ数字をつなげたり。

中盤にコマが行き詰まり、ゲーム中に一回しか使えないジャンプを早々に使ってしまったが、後半なんとかつないで2位だったかな。盤上が詰まってくるとお題をどんどんクリアする感じになっていく感じが、拡大再生産の加速感があってとても良い。

 

ダズリング・ダイスライン(analog lunchbox)

前作の飛行船都市がポルトガルのゲームオブザイヤーにノミネートしたアナログランチボックスさんの新作。

3色のダイスを使ったダイスプレイスメント。獲得から変換から特殊アクションのタイルから、すべてが繋がる無駄のないデザインがすげえ。コンポーネントのサイズや配置までもが美しい。うーん、すげえ。

ゲーム内容はわりとガチでして、おっさんのキャパ越えてしまった。周回遅れて最後はもう一緒に遊んでいた人にお手伝いいただくことになりました。オラ、強くなりてえ。

 

トポロメモリー2(バンソウ)

トポロジー的に同じであるものをペアでとっていく。トポロジーってなんぞやという興味と、それを見事にゲームにまとめた逸品の続編。トポロジー的に同じというのは、黒で書かれたものがいくつあるのか、その中に囲まれた部分はいくつあるのかの療法が一致するということです。例えば「&」は黒は全部つながってるので1つで囲まれてるのは2つになる。「味」は黒は2つで穴は1つ。

この新感覚が楽しい。

 

といったところでおひらき。うーん、充実。

ザ・グレート・ハートランド・ハウリング・カンパニー

ファイヤーボールアイランド

クーデター

 

ルーザー

1が赤、2〜14が青、15〜19が赤という構成のカードを配り、手番に1枚ずつ出していって最後の一枚が最大のプレイヤーを予想するゲーム。最後に投票で、最大のプレイヤーだけがサムアップする。最大の人がサムダウンしてたらその人の負け、最大のプレイヤーだけがサムアップしてたらその他で最小のプレイヤーが負け、サムアップが複数いたらその中で最小の人が負け、という負け一人のルーザーを決めるゲーム。途中で特殊能力線があり、条件もいろいろ変わったりする。ブラフありつつの短めのゲーム。こういうの好き。

 

ミスティック・ベール

デッキ構築というかカード構築。スリーブに入ったカードに透明カードを追加して強力なカードにしていく。はずれなし。

 

リトルソングバーズ

餌箱にならぶ鳥の最後尾に手札から鳥を出し、交代した先頭を入手したり手札から入手したりで鳥を集める。雌雄の鳥のカードが有りペアで獲得すると高得点。絵の雰囲気もあり、格調高くしっかり楽しめました。

先日、コロコロ堂さんの二階がオープンすることになり、開店前に有志で集まって机とか椅子を組み立てようということで、面白そうなので行ってきた。

明るくてきれいで遊びやすい場所なのはもちろんなんだけど。20人くらいいたのかな。こうやってバイトでも何でもなく平日の昼間に遊び感覚で手伝いに来る人がたくさんいるってのは、愛されてるなぁと思った。

完成した机と椅子でちょっと遊んだ。

 

キューバーズ

場にならんだ鳥のカードを、手札から出したカードで挟むと挟んだカード全部取れる。

そしてセットコレクション。ただ、挟むために出すカードは同じ絵のカード全部出さないといけないので悩ましい。

ボサボサしてたら出し切られて終わりだし。

 

スコットランドヤードカードゲーム

名前なげえ。手札に犯人カードがある人が犯人だけど、だれが犯人か本人以外はわからないまま、数字縛りで出すとこが決まるアクションを駆使して追い詰められたり犯人が移動したりする。

ババ抜き一発で犯人見つかって終了なんてこともあるので、まぁパーティー系ですよね。

5人でやって、自分の左の人から始まり、あっという間に犯人が判明し、自分の右の人が犯人カードを引き当てたので、俺の手番なしでクリアした。なんじゃそら。

 

一緒に椅子と机を組み立てた共同体でやるゲームはまた格別であった。

もちろんゲーマーばっかなんだけども、ゲームと人の距離感が良かったなぁ。