キングダム

5×6のマスのボードをタイルと城で埋めるゲーム。
城は1から4本の塔をもっており、城を中心に縦横にならんだ全てのタイルの合計に掛け算する。マイナスのタイルもあるので要注意。
タイルをめくってマスに置く、もしくは城を置く。他人には失点を、自分には得点を。
最初に1枚だけ内容を知ってるタイルを持っている。それをいつ使おうか。

縦横にならんだタイルのプラス点だけを無効にするドラゴンタイル。
城の効果を+1できる魔法使いタイル。
縦横にならんだタイルの点を倍にする金鉱タイル。もちろんマイナスも倍だ。
効果を遮断する山タイルは2枚ある。
こいつらを駆使して高得点を狙う。
単純だけど思惑が交錯するので悩ましい。さっき意地悪のつもりで置いたマイナスタイルが自分の首を絞めたりする。

3ラウンドの合計で勝敗を決めるのだけど、ラウンドで使った2以上の城は帰ってこないのがまた悩ましい。初めに高めの城を使いきってしまうと3ラウンド目には1の城しかなくて、魔法使いに群がる貧乏人みたいなことになる。

かなり算数的なゲーム。ずっと計算してる。
そういうの嫌いじゃない。
コンポーネントも綺麗だし、2000円代前半と価格も抑え気味。
掛け算習った小学生なんかには最適かも。


 
1